キャッシングを使うなら

電話でも申し込めるキャッシング

借りられるかどうかを考える

キャッシングは申し込めば誰でもお金を貸してもらえるわけではありません。申込をしたら審査があり、審査に通ればお金を貸してもらうことができます。一般的に銀行の審査が厳しく、消費者金融は審査が緩いと言われています。では審査とはどのような基準になっているのでしょう。

 

審査の基準は職業や年収、勤続年数や居住形態などとなっています。職業は正社員でなくてはいけないというわけではなく、派遣社員やパートの人でも安定した収入があれば、審査に通ります。勤続年数は長い方が、安定した収入を得ていると考えられますので、信用度が高まります。一方、勤続年数が短い人は、仕事を辞める可能性も高いとみなされ、信用度は低くなってしまいます。

 

また、過去に借り入れをして遅延した経験がある人は、ブラックリストに載ってしまい、審査に通らない可能性が高いです。しかし、キャッシングを利用した経験があるからといって、信用度が低くなるわけではありません。

 

これまでにキャッシングを利用した経験があり、その都度きちんと返済している人は、返済能力がある人として信用度も高まります。次にまたお金を借りることがあったときに、スムーズに貸してもらうためにも、決して返済を遅延しないように注意しなくてはいけません。

続きを読む≫ 2014/02/01 12:17:01

ローンには種類がありますが、その中でもお金のやりくりに困って一時的に借入をしたいときに便利なのが、カードローンです。カードローンには銀行の他に、信販会社や消費者金融などがありますが、銀行のローンなら安心感があって抵抗が少ないという方も多いのではないでしょうか。

 

銀行系ローンを選ぶなら、金利や借りやすさ、返済しやすさなどを比較して決めるとよいでしょう。金利は借入先を決める上で最も重要なポイントと言えますが、どこの銀行でも金利は同じというわけではありません。返済金額に関わってきますので、しっかり金利を比較してから借入先を選ぶようにしましょう。

 

また、住宅ローンを利用しているなど、所定の条件を満たせば金利を優遇してくれる銀行もあります。取引がある銀行ではどのような優遇があるのか調べてみるとよいでしょう。銀行のカードローンは、多額の借入を希望する人にも向いています。

 

消費者金融や信販会社のカードローンでお金を借りる場合、総量規制といって年収の3分の1までしか借りることができません。一方、銀行は貸金業ではないので総量規制の対象となりません。そのため高額な借入をしたい人だけでなく、収入がない主婦の方も銀行のカードローンを利用することが可能です。

続きを読む≫ 2014/02/01 12:14:01

カードローンを利用をしている際に遅延、延滞、不払いなどの返済上のトラブルを起こすとその情報は信用情報機関に登録されてしまい、約5年間の登録期間中は無条件で審査を通過できなくなりますし、登録期間を過ぎたとしても返済トラブルを起こしたのと同じ系列の金融機関では今後の借り入れはかなり難しくなると考えられます。

 

カードローンを遅延をした場合のペナルティは大きなもので、未払いのまま最終の期日を過ぎてしまうとカードローンの利用は一旦ストップされ約3カ月ほど使えなくなってしまいます。

 

そしてその後3ヶ月間約定日までにきっちり返済する実績をつけることでようやく利用が再開されるようになるわけですが、利用停止の期間は利用枠があってもお金を引き出すことができなくなるので、期日をしっかり確認してその日までには必ず支払いを済ませるように心がけましょう。

 

またどうしても遅延してしまうことがあるかもしれませんが、その場合の対処法はとにかく早めに自ら金融機関に連絡を入れて、いつまでに入金できれば利用再開が可能であるのかを相談して確認しておくことです。事前に連絡をすれば支払い日を変更してくれる金融機関もありますがやはりできるだけ早く入金できるようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/02/01 12:10:01

カードローンやキャッシングなど、お金を借りるという操作をした時には、必ず返済する義務が出てきてしまいますね。返済をきちんとすることは契約者としての義務ですし、きちんと返済ができていることにより、借り入れの限度額が増えるということにもなります。ですから、毎月きちんと返済日と返済金額を把握して、きちんと用意しておきたいですよね。

 

カードローンの返済方式はいろいろとありますが、申し込み時に決めることになるでしょう。一般的には銀行口座からの引き落としを選択される人が多いようですが、その他にも専用の口座へ振り込むタイプもあります。返済に関しては、ややもすると忘れがちになってしまうという人もたくさんいらっしゃることでしょう。

 

メモしていても忙しい時だと忘れてしまうこともありますから、銀行口座から自動的に引き落とされる設定にしておけば、焦ったりすることがなくてよいのではないでしょうか。

 

自分から口座に振り込みに行かなくてはならないという形態であると、日にちを間違えていたりすると返済日に間に合わないという事態に陥ってしまうことがありますので、注意したほうがよいですね。返済の方式にもいろいろとありますから、自分に合った方法を選択してください。自分から振り込む方が良いという人はそれを選択してもらって構いません。

続きを読む≫ 2014/02/01 12:07:01

キャッシングのカードを使っている人にとって、利息がたくさん付いてしまうことは避けたいことなのではないでしょうか。なるべくであれば少ない利息でやりこなしたいと考えるでしょう。元金も返済しなくてはいけないのですから、それに加えて高額な利息まで付いてしまいますと、とても大変な返済になってしまいます。

 

キャッシングを利用しているという時点で、手持ちのお金が無くなってしまうような状況にあるということですから、それ以上に利息まで膨れ上がってしまっては、とっても大変ですよね。そんなとき、強い味方となってくれるのが、無利息キャンペーンの存在です。お金を借りているはずなのに、利息もなしで良いなんて、そんな美味しい話があるんだろうかと疑ってしまう方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

これはもちろん常時無利息で提供しているわけではもちろんなく、初回のキャンペーン的な要素として取り入れている金融機関があるということです。一部ではなく、ほとんどの金融会社が、こういったキャンペーンを取り入れています。こういったキャンペーンの多くは、一か月間まで無利息と謳っているところが多いです。

 

この期間内での取引であれば、利息がかからないということになります。

続きを読む≫ 2014/02/01 12:02:01